トップ > 沿革

国産初の平面研削盤 開発・製造

歴代の先達から継承された工作機械造り80年のワークマンシップ。

製造拠点は日本・シンガポール・タイ・中国

販売拠点は世界中より、高精度で安心のできる研削盤を製造・販売しています。

岡本覚三郎・国産初の平面研削盤

沿革

西暦(年号)

会社・製品のあゆみ

1926年 (大正15年)岡本覚三郎が岡本専用工作機械製作所を創業

1930年 (昭和5年)

国産初の歯車研削盤ASG-2型を開発
1935年 (昭和10年)株式会社岡本工作機械製作所に組織及び社名変更
1953年 (昭和28年)国産初の平面研削盤PSG-6型を開発
1954年 (昭和29年)内面研削盤IGMシリーズを開発
1955年 (昭和30年)国産初の外周刃スライシングマシンPSG3Ge型を開発
1963年 (昭和38年)東京証券取引所市場二部上場
1968年 (昭和43年)世界初のCNC平面・成形研削盤NFG-5型を開発
1969年 (昭和44年)円筒研削盤OGMシリーズを開発
1972年 (昭和47年)アメリカに販売会社として現地法人 Okamoto Corporationを設立
1973年 (昭和48年)シンガポールに同国初の工作機械を製造

シンガポールに現地法人Okamoto (Singapore)Pte,Ltd.を設立
1974年 (昭和49年)

ロータリー平面研削盤PRGシリーズを開発

1982年 (昭和57年)群馬県安中市に安中工場完成
1986年 (昭和61年)タイに現地法人Okamoto(Thai)Co.,Ltd.を設立

ベストセラー汎用成形研削盤PFG500シリーズを開発
1987年 (昭和62年)ベストセラー汎用平面研削盤PSG-DXシリーズを開発
1992年 (平成4年)ドイツに現地法人Okamoto Machine Tool GmbHを設立
1994年 (平成6年)

Okamoto(Singapore)Pte,Ltd.がISO9002取得

(アジア地区工作機械業界としては初)

1995年 (平成7年)シンガポールに販売・サービスの拠点としてシンガポール支店を開設
1997年 (平成9年)全自動立形高精度平面研削盤の開発で日本機械学会 技術賞受賞

全自動高精度高能率CMP装置の開発で砥粒加工学会 技術賞受賞

ベストセラー汎用平面研削盤PSG-DXシリーズ製造台数 5,000台突破
2002年 (平成14年)中国に現地駐在員事務所を上海に設立
2005年 (平成17年)安中工場に半導体関連装置のテスト・検査用クリーンルーム完成

安中工場に恒温環境の加工組立ブース完成

Okamoto(Thai)CO.,Ltd.に新組立工場完成
2006年 (平成18年)安中工場にスピンドルルーム完成

Okamoto(Thai)CO.,Ltd.に新鋳物工場完成

(新旧工場併せ月産1,800トンの生産能力になる)

2007年 (平成19年)

Okamoto(Thai)CO.,Ltd.に板金・塗装工場完成


安中工場の設備機として静圧案内面方式では

世界最大級の超精密門形平面研削盤UDG10035NCが完成

2010年 (平成22年)

iQソフトの開発により平面研削のノウハウをソフト化。iQソフト搭載機を開発


順送金型等の大型ワークの高精度・高能率要求に応えるため、

CNC門形精密平面研削盤PSG-CHLiシリーズを開発

2011年 (平成23年)

小物ワークの微細成形加工に応えるため、

リニアモータ駆動の超精密成形研削盤UPZ210LiⅡを開発

2012年 (平成24年)

本社を群馬県安中市(安中工場)に移転

2014年 (平成26年)

CNC精密複合円筒研削盤UGM360NC開発

JIMTOF2014第28回日本工作機械見本市にて発表

2015年 (平成27年)

創立80周年記念展示会OPENHOUSE2015を開催

『研削革命』を80周年のテーマとして発表